BLOG

BLOG

BLOG
VOICE

ブログ・お客様の声

■ブログ, ・オーナーズログ
2020/07/047月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

7月です!

自粛要請もなくなり、思いっきり夏を楽しみたい!
そんな気分とは裏腹に、どっぷり雨の多い「梅雨っぽい、梅雨」となっておりま
す。

雨が降ると気温も低く、夏の感じがしませんよね〜

早く梅雨明けしてもらいたいもんです!

今年の梅雨明けの予報は、早くても11日以降となっていました。
平年は21日で、去年は24日だったので今年も20日前後かな?

気になるのはその後の暑さですね。
年々と気温が上がる傾向があるのに加え、今年は平年に比べかなり暑くなる予報
が出ていました。

そうなると「マスク」が...
新型コロナウィルスは一旦感染者数は減りましたが、ここにきて増加傾向にありま
す。
夜の街や院内感染のクラスターと検査数の増加も影響していますが、それを除いて
も、緊急事態宣言の解除時より確実に増えています。
それと、海外では(特に南半球とアメリカ)増え続ける一方で減る気配すら見れま
せん。

まだまだ、手洗い・換気やフィジカルディスタンスなどの自己対策は必要です。
マスクも当然必要になってくるわけですが、真夏の暑い時期にマスクはつらい...
熱中症のリスクも高くなります。

沖縄ではすでに熱中症の発生は2倍になっているみたいです。

マスクをしているだけで体温は上昇しますので、要注意ですね。
特に、小学生などの小さな子供たちは、下校時間が最も気温が高い時間帯になるの
で気をつけなければなりません!

いつもの年より、熱中症対策は一生懸命やらなくてはいけませんね。

マスク着用時の熱中症対策を厚生労働省のホームページより抜粋いたしました。

(1) マスクの着用について
マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的
な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と
比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に
負担がかかることがあります。
したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くな
るおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場
合には、マスクをはずすようにしましょう。
マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくても
こまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で
、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。
                      「引用元:厚生労働省ホームページ」


着用しっぱなしは危ないので、必要に応じて外しましょう!
でも、自己対策はしっかりね!
と、いうことですね。

それと、エアコンは大切な対策の要素ですが、窓を締め切ることが多くなるので換気
には気をつけましょう。
電気代が気になるところですが...

withコロナの夏、一体どんな夏になるのでしょう?
暑さと感染、しっかり対策していきましょう!




《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2020/06/046月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

6月になりました!

緊急事態宣言も解除され、少しずつ以前の生活リズムが戻りつつあります。

自粛要請も緩和され、街にも人が増え始めました。
学校もほぼ休校が解除され、子供達もお友達に会えて嬉しそうです。

こうやって少しずつではありますが、笑顔が戻ってくることをどれだけ願ってい
たか...
やっと明るい話題が書けるようになってきました。

しかしその反面、世界の状況は南半球を中心に悪化しています。
新規の感染者数は増え続けているのです。

流行のタイミングが北半球と南半球で何故ずれてしまっているのかは、まだわか
っていませんが、全く油断できない状況であるということは確実です。

日本は運良く改善の方向に向かっているだけなのかもしれません。

緊急事態宣言の中、外出自粛が効いたのか、フィジカルディスタンス(ソーシャ
ルディスタンスから変わりましたね)が効いたのか、実は正確なところはわかっ
ていないのです。

だいたい緊急事態宣言の発令自体、感染者数が減り始めてからの発令でした。
では、発令後一気に新規感染者の感染ペースが減少したかと言うと、そうでもあ
りませんでした。

個人的には日本の国民が自発的に対策をとっていたのが功を奏していて、そのタ
イミングで緊急事態宣言を発令したように見えてしまいます。
うがった見方かもしれませんが、政府や行政の対応が素晴らしかったとは、どう
しても思えません。

新型コロナウィルスの感染が広がり始めた当初は、国内でも混乱こそありました
が、時間が経つにつれ国民の意識が変わり始めて、それぞれが対策を講じたこと
が海外でのそれより効果があった要因なのではないでしょうか?

都度都度、細かい問題は発生しますが、日本の国民は対応力が高いと思っていま
すので、きっと次の波が襲ってきても自発的行動で充分乗り切っていけると信じ
ています。


それよりも、経済に対する影響はこれからが深刻になるということのほうが心配
です。
このことは、自発的行動の反動でもあるからです。

新しい生活様式は、新しい何かを生むかもしれないということを前回書きました
が、同時に今まであったことが無くなっていくということも意味しているんだと
考えるようになりました。

無くなっていく、もしくは変わっていく渦の最中にいる方々はきっとものすごく
大変なことだと思います。

この状況に対応しきれない人たちをどう救っていくか、どう手を差し伸べていく
ことができるか、それが今後の最大の課題となるでしょう。

新型コロナウィルスの問題は光が見えてきた分、その影も映し始めてしまいまし
た。

ここからは、自分のために何が必要か、他人のためにどんなことができるのか?
そう考えていくことが、より一層必要になるのかもしれませんね。







《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
5月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

5月となり、新緑が清々しい季節となりました。

本来であれば、元気の出る気持ちの良い季節ですが、残念ながら新型コロナ禍
の真っ只中にいます。

緊急事態宣言は5月末まで延長され、自粛要請も継続されます。

今月は、明るい話題をお届けしたかったのですが、どうやらそうもいきません。

それでも強引に、明るい希望の持てる話題をいくつか挙げるとすれば...

・レムデシビルやアビガンといった薬が早期に認可され治療に貢献してくれそう
・新規感染者数が「0」の地域が出始めた
・東京も新規感染者数が減少傾向にある
・抗体検査が進み「ウィルスとの共存」という考え方が出始めた

決定的な話題ではないですが、治療薬には期待したいですね。

反対に、ネガティブな話題は増えています。
挙げればきりがないですし、気分も暗くなるのであえてここでは言いませんが...


大方の予想では、長期化するという見方が有力です。
この、自粛期間の間に生活様式が変わりましたね。

ソーシャルディスタンスや消毒・手洗い、時差通勤やテレワーク。
Zoom飲み会という新しい形式の飲み会など...

もしかしたら、新型コロナウィルスの影響は私たちに新しい生活の形式や仕組み
をもたらし、そこからこれまでにないものが生まれるきっかけなのかもしれませ
ん。

省エネや環境問題にしても、自動車の排気ガスが極端に減り空気が澄んでいる国
や地域があったりします。
きっと河川の汚染も減っていることでしょう。
そこから得られるデータは、これからの未来に必要なのかもしれません。

長期化のする中で生まれてくる何かが、将来に有益になるのであれば...

そう思うと「怪我の功名」ということもあり得るのかもしれませんね。

もちろん、それでは済まない事態になられている方々も、大勢いらっしゃるので
すが...

きっともうすぐ終わります。
もう少しの辛抱です。
頑張りましょう!

明けない夜はないのですから!


来月こそは、明るい話題をお届けできますように...




《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2020/04/054月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

新型コロナウィルスの影響はかなり深刻になりました。

わずか1ヶ月で世界は約12倍、日本は約10倍の感染者数になってます。

3月4日時点のデータ
中国:感染者数 約8.0万人 回復者数 約5.0万人 回復者比率 約62.5%
世界:感染者数 約9.5万人 回復者数 約5.1万人 回復者比率 約53.6%
日本:感染者数   331人 回復者数   43人 回復者比率 約12.9%

4月5日時点のデータ
中国:感染者数   約8.2万人 回復者数  約7.7万人 回復者比率 約93.9%
世界:感染者数 約120.3万人 回復者数 約24.7万人 回復者比率 約20.5%
日本:感染者数   3,531人 回復者数    575人 回復者比率 約16.2%


日本の回復者の比率は伸びて入るものの、世界レベルで見ると半分以下に落ちて
います。
如何に感染のスピードが速いかということを物語っています。

これには、各国の政府・自治体の対応や医療機関の対応などの違いもありますが
個人の意識の問題も大きいとされています。
民族の違いによる習慣や国民性などの違いも指摘されてはいますが、やはり一人
ひとりの意識の問題が大きいと思います。

恐らく、これから更に加速度をつけて広まることでしょう。
そうではないことを祈っていますが、楽観的に見れる根拠はどこにもありません。

感染者数が増えれば、それだけ亡くなられる方の数も増えます。
それが、どんどん身近な話題として忍び寄ってくることでしょう。

できることは限られていますが、やれることをしっかりやることが自分の生活を
守り、人を不幸にしないことに繋がります。

自分の意識をしっかりと予防と対策に向ける。

立ち向かうべきは自分自身でもあるのです。

来月の「今月の一言」は明るい話題が書けることを切に願っております。



《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2020/03/063月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

今年の冬は、やはり暖冬でいつもより暖かい気がします。
桜の開花も例年よりも早いのではないかとの噂です。

大雪もここまではないので、今年は降らないかな?と期待しておりますが
3月は寒の戻りで大雪が降ることもあるので、まだ安心はできません...

そして、安心できないことがもう一つ。
やっぱり避けるわけにはいかない話題といえば
「新型コロナウィルス」
ですね。

中国での感染者数の伸び率は鈍化して、回復者数の伸びが高くなっては
きているものの、世界レベルで見ると、まだまだ感染者数の伸び率が高いです。
日本でも、日に日に感染者数が増え、ついに300人を超えてしまいました。
一方、回復者数の伸びは中国に比べると、まだ鈍く不安があります。

ただ、中国から広まったウィルスですから、時差があるものなので、今が
ピークかと思いたいです。
中国の方では、回復者数がどんどん増えていますので、遅れて日本でも
この傾向を追うのではないかと期待しています。
データで見ても回復者比率は上がってきてますので...

2月27日時点のデータ
中国:感染者数 約7.8万人 回復者数 約3.2万人 回復者比率 約41.0%
世界:感染者数 約8.2万人 回復者数 約3.3万人 回復者比率 約40.2%
日本:感染者数   214人 回復者数   22人 回復者比率 約10.2%

3月4日時点のデータ
中国:感染者数 約8.0万人 回復者数 約5.0万人 回復者比率 約62.5%
世界:感染者数 約9.5万人 回復者数 約5.1万人 回復者比率 約53.6%
日本:感染者数   331人 回復者数   43人 回復者比率 約12.9%

【データ参照元:SmartNews  日本のデータはクルーズ船を除く】

こんな時は、情報が飛び交います。

気をつけるべきは、ウィルスの次に誤報やデマです。

つい最近もトイレットペーパーやティッシュペーパーが店頭から消え、入手困
難になる事態がありましたし、「新型コロナウィルスは熱に弱いのでお湯を飲
みましょう」といった誤情報が流れました。

こういった情報は今時はSNSで拡散されるので、一気に大勢の人の行動に繋が
ってしまいます。

情報が早いのはいい面もありますが、大切なのはその情報の「真偽を自分自身
で確かめる」ことです。
ネットで調べればある程度わかりますし、1〜2日経てばその情報についての
内容も増えます。

情報をそのまま鵜呑みにして闇雲に行動せず、真偽を確かめてから行動に移す
ことが大切です。

ネット上に情報はたくさんあります。
でも、その情報を生かすのは、その精査と一人ひとりの正しい判断なんです。

ネットは便利なものです。
しかしそのネットに踊らされてはいけません。



《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2020/02/012月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

早いもので2020年も1ヶ月が過ぎました。

今年は暖冬で雨も多く、いつもより乾燥していないですが、インフルエンザは
やっぱり流行っていますね。

そして話題の新型肺炎が感染を広めています。

現状ではこの新型肺炎の原因となっている「新型コロナウィルス」には有効なワ
クチンがなく、症状を改善していく対処療法での治療となっているみたいですが
いくつかの国では人から人への感染も確認されているので、世界各国の研究機関
がワクチンの開発を急いでいます。

ドイツで新型コロナウィルスの培養に成功したようなので、ワクチンの開発も進
むと思われますが、3ヶ月以内を目処に臨床試験を始めるとのことなので、すぐ
には期待できそうもありませんね。

しかし、以前流行った同じコロナウィルスである「SARS」に、エイズ向けの薬
が有効だったことが分かっていて、それを並行して試していくようです。

特効薬ができないと、大変ですから早くできてほしいですね。


それとは別の話になりますが「暖冬だと大雪が降る!」という話を小耳に挟みま
した。
でも、確か一昨年大雪が降ったけど記録的な大寒波だったような…
去年は暖冬で2月に雪は降ったけど、大雪というほどではなかったし…

そこで、調べてみました。
雪が降るのは、偏西風の蛇行が大きく関係しているようです。
それと、エルニーニヨ!

偏西風は北極と赤道付近の温度差と地球の自転が絡み合い、複雑に蛇行していま
す。
エルニーニョが発生していると、赤道付近の海水面温度が高くなるので日本付近
は赤道からの暖かい湿った空気が流れ込みやすくなります。

そうすると、偏西風は押し上げられ北から下に降りてきにくくなります。

そうなると、北極付近の寒気も降りてきづらくなるので日本は寒波に覆われにく
くなり、暖冬傾向になるというわけです。

で、南からの湿った空気が多く流れ込むということは、雨も降りやすい状態とい
うことなので、まさに今年がそうですが雨の多い冬ということになります。

しかし、寒波が降りてきづらいといっても全くないわけではないのですね。
そこで偏西風の蛇行が気まぐれに少し下がると、偏西風の北側の上空には冷たい
寒波、南側には湿った空気で雨が雪となる可能性が高くなるわけです。

雨の量がまとまって降りそうなタイミングで、偏西風が南下すると雪の量が多く
なるということなんですね。

なので、暖冬の年は偏西風の蛇行のタイミングが悪いと大雪が降りやすいという
わけなんです。

しかし、この蛇行のタイミングが合わなければ暖冬でも雪は少ないこともあるよ
うですから、一昨年の大雪は大寒波の影響、去年の雪は蛇行のタイミングで大雪
にはならなかったと考えても良さそうですね。

ちょっとスッキリしました!



《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2020/01/011月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■明けましておめでとうございます


2020年が明けました。

  旧年中は格別なご愛顧を賜りありがとうございました。
     本年も どうぞよろしくお願い致します。

昨年は、秋に到来した台風がこれまでになく予想外の被害をもたらし、心に深く刻まれました。
日本列島はここのところ毎年大きな災害が発生しておりますが、今年はそういっことがなければ良いと願っております。

そして今年はオリンピックイヤーです。
暑い時期のオリンピックは心配なところもありますが、日本の金メダルラッシュに期待しましょう〜!

さて、セレネスは今年で10年目を迎える年となります。
昨年のテーマは新しい試みから新たな課題が生まれ、それを解決しながらさらに前進する、という意気込みで『解前』としておりました。

ですが、思わぬトラブルも有り課題を抱えたまま頓挫してしまいました。
しかしながら、折れずに前進だけは続けております。

なかなかに難しい部分もございますが、10年のうちに気づかぬ「慣れ」や「慢心」といった「緩み」が現れています。
この「緩み」がトラブルを呼び寄せ、課題解決を妨げているようにも思えます。
なにか見えない力に「戒め」を受けているのかもしれません。

そこで、今年は「改革」に着手し、流れごと変えてしまおうと考えております。

改革をすすめることで新しい一歩を切り開き、目指していることを獲得するとい味で「開獲」をテーマにいたしました。
「開獲」する「改革」でよりよいサービスへのご提供につながることが一番の目標す。

今年も皆様にとって良い一年でありますように!




《 セレネスのinstagram》
《 セレネスのfacebook 》



○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

ネット予約はこちらから!


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/12/0512月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○


早いもので、もう12月…
今年も終わりますね〜

12月といえばクリスマスですが、このクリスマス「Xmas」とか「X’mas」と書
きますよね。
ふと思ったんですが、この「X」ってなに?「mas」ってどういうこと?
と、疑問を持ってしまいました。

調べてみると意外と深かったりしました…

本来は「Christmas」が正しくて、「Christ」はキリスト、「mas」は礼拝を意
味するらしいです。

そして、「X」が出てくる理由はギリシャ語にありました。

古代ギリシャ語は新約聖書が書かれた時期に欧州では共通語として使われていて
、「クリスマス」という言葉自体がギリシャ語に由来しているそうです。

「Christ」は「ΧΡΙΣΤΟΣ」と表記することから「X」に省略して置き換えたとい
うわけです。
そして、「mas」。こちらは「mass」のことで、元々はラテン語の「missa(ミ
サ)」に由来している英単語です。

なので「ΧΡΙΣΤΟΣ(ギリシャ語)+missa(ラテン語)」が
英語の「Christ+mass」となり、「Xmas」と略されたことになります。

なぜ「mas」英語のままで「Christ」だけがギリシャ語に置き換えられたかは、
調べてもわかりませんでした。
これは想像ですが、「X」は十字架を表すという説もあり、宗教的に都合が良かっ
たので「ΧΡΙΣΤΟΣ」だけ使ったのではないでしょうか…

ただ、最近では「X」がキリストを表するものだという、本来の込められた意味合
いが薄れてしまったため「Christmas」と正しく表記することが増えているようで
す。
なかには、キリスト様を略して表現するのは「けしからん!」とする意見も少なく
ないようです。

日本では、宗教的な意味合いはもともと薄いのと、「Xmas」としたほうが文字数
が少なく広告には都合が良いということから、未だによく「Xnas」を多く目にし
ます。

そして、「X’mas」と省略付である「’」アポストロフィーを使うのは間違いだそ
うです。
「X」と「mas」の間には何も省略されておらず(そもそも「X」ですでに略して
いるので)アポストロフィーをつかって略す必要はないからだそうです。
それなのにアポストロフィーが使われているのは、デザイン上の収まりの良さ、
バランスの良さということだけのようです。


と、まあ、語源や間違いがわかったところで、私達が楽しむ日本のクリスマスは
変わりようもないんですけど…


因みにクリスマスカラーの「緑」と「赤」ですが、これは「緑」がクリスマスツ
リーに使われている常緑樹の「緑」で、強い生命力を持ち年中緑でいる姿から
「永遠」を表していて、キリストが与える永遠の「愛」や「命」を象徴している
そうです。
「赤」はキリストが十字架で流した尊い「血」の色を表しているとのことです。


《 セレネスのinstagram》
《 セレネスのfacebook 》



  ネット予約はこちらから!
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/11/0111月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○


度重なる台風・大雨により被災された方々に、まずは心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意され、ご活躍されることを願っております。

台風15号・19号そして21号、またその間の大雨…
私たちはこれまでにない災害を経験してしまいました。

昨年は西日本の方々が同じような被害に遭われています。

今年が特別なのではなく、そういった強大化した自然災害が多発する時代になってきたと認識するべきかもしれません。

こんなデータがあります。

〇風水災等による保険金の支払い
1. 2018年 台風21号  大阪・京都・兵庫など  1兆0678億円
2. 1991年 台風19号  全国  5680億円
3. 2004年 台風18号  全国  3874億円
4. 2014年 2月雪害  関東中心  3224億円
5. 1999年 台風18号  熊本、山口、福岡など  3147億円
6. 2018年 台風24号  東京・神奈川・静岡など  3061億円
7. 2018年 7月豪雨  岡山・広島・愛媛など  1956億円
8. 2015年 台風15号  全国  1642億円
9. 1998年 台風7号  近畿中心  1599億円
10. 2004年 台風23号  西日本  1380億円

歴代トップ10の中に昨年起きた災害が3件も入っています。
今回の台風関連の支払額は記録を塗り替えてしまいそうです。

また、喜ばしくないことに、地震による保険金支払額も似たような現象が起きています。

〇地震保険による保険金支払い
1. 2011年 東日本大震災  1兆2833億円
2. 2016年 熊本地震  3859億円
3. 2018年 大阪北部地震  1072億円
4. 1995年 阪神淡路大震災  783億円
5. 2018年 北海道胆振東部地震  387億円

トップ5のうち2件が昨年のもので熊本地震もそう遠くない過去です。

残念なことに、確実に災害の被害が大きくなり、多発しています。
それだけ被害に遭われた方がいるということは、胸が痛いことです。

私たちは、この過去の災害から学ばなければなりません。
災害ニュースで発していた「命を守る行動をしてください」というフレーズがいまだに胸に刺さって抜けません。
そういう時代を迎えたということです。

避難場所の確認や避難経路の確認、防災グッズの確保やライフラインの確保、ハザードマップの確認、連絡方法の確認などなど、備えるべきはたくさんあ
るはずです。

被害に遭われた方の多くは「ここまでとは思わなかった」と言われています。

これからは...
「ここまで」を想定して、最悪の被害を受けぬように万事に備えましょう。
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/10/0610月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

さて、10月になりまして消費税が10%となりました。

軽減税率の初導入ということですが、何を軽減しているのかよくわかりませんね。
生活必需品が軽減されるものとばかり思っていましたが、そうではなくしかも期限付きということですが、その期限もはっきりしていない。
釈然としない増税です。

増税ですから、いつでも釈然としないものなんですが、今回も腑に落ちませんね。

こんな記事を読みました。

”消費増税による家計への負担は4.6兆円と見られている。とてつもない金額だ。
だが、'89年から導入された消費税の税収を私たちがこれまで享受してきたかと言えば、そういうわけではない。

立正大学法学部客員教授の浦野広明氏は言う。
「消費税が導入されてから、これまでに徴収された消費税収の累計は349兆円におよびます。

一方で政府は、法人3税(法人税、法人住民税、法人事業税)の優遇を進めてきました。
この法人3税の減税額は'17年度までの累計で、実に281兆円にのぼるのです。
消費税は逆進性が高く、高齢者をはじめとする所得が高くない世帯のほうが、重い負担を強いられる税金といえます。

その消費税の8割近くを、法人税の減税で食いつぶしてしまった。
税制的には、大資本を持った企業であればあるほど有利な状況で、むしろ格差を容認する仕組みを政府は作っているとさえ思えます」” 

引用=週刊現代「純利益1兆円のソフトバンク「法人税ゼロ」を許していいのか?」

私達が払ってきた消費税は社会に還元されたわけではなく、法人の優遇に当てられた。
ということですね。
消費税必要だったんでしょうか…

でもまあ、そこの数字だけを見ると矛盾していますが、新規国債の発行は9年連続で低下して、発行総額も5年連続で減額しています。
着実に借金を返してはいるんですね。

しかし国家予算は7年連続で過去最大を記録し続けています。
そのなかで、防衛費が5年連続で過去最大を更新していたりしているのを知ると「そこじゃないよね?お金使うとこ!」と思ってしまいます。

今回の消費税の増税は社会を良くしてくれるのでしょうか?
と、考えずにはいられません。 

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

READ MORE

menu

ホーム
コンセプト
サロン情報
アクセス
会員システム
メニュー
メニュー一覧
ドイツ式フットケア
深層ケアセラピー
カイロプラクティック
コンディションアップ
エステティック
インストラクション
オーダーメイドプラン
お悩み解消メニュー
お悩み解消メニュー一覧
タコ・魚の目・巻爪
背骨・骨盤の歪み
脚のむくみ
首・肩・腰のコリ
健康的に痩せたい
料金
キャンペーン
商品情報
お客様の声
よくあるご質問
ご予約・お問い合わせ
お知らせ
ブログ