BLOG

BLOG

BLOG
VOICE

ブログ・お客様の声

■ブログ, ・オーナーズログ
2019/08/068月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

8月の暑い時期がやってまいりました!

どこか寒かった梅雨時期から一気に暑くなって身体がしんどいです

まだ、昨年のスーパー猛暑レベルではないですけど、これはこれで堪えますねぇ

ここらでなにか納涼といきたいとこです。

夏の涼はたくさんありますが、8月は代表的な風物詩でもある「花火」があちら
こちらで見られます。

昔は、夕涼みにスイカを食べながら花火を楽しむ光景がたくさん見られました。

今は、いろいろ厳しくて公園や河原などで花火をすることはできません。
家の庭でさえ煙や騒音などの問題から、控える人が増えています。

夏といえば「花火」なんですが、花火大会に打ち上げ花火を観に行くぐらいしか
花火の楽しみ方がなくなってしまいましたね

そのうち「風鈴」でさえ周りから苦情が出そうですね。

もうひとつ、夏の涼で気になっているのが「かき氷」です。

シャカシャカと削った氷に、たっぷりのシロップをかけてこめかみを押さえなが
ら食べるのが美味しいですよね!

最近では、スーパーかき氷といいますかモンスター級のビッグサイズがあったり
シロップにフランス料理ばりのチーズが入ったソースをかけたり、出汁を効かせ
ものがあったりと、甘くないシロップのバリエーションがすごいです。

もしかしたら「醤油」とか「味噌」を使ったシロップも出てくるかもしれません
ね。

そうなると、夏に食べなくてもいいんじゃないのかな?
といったことになりそうな気もします。

命の危険さえ感じる最近の夏の暑さですが、なんとか自分なりの「涼」を見つけ
て、楽しい夏として過ごしたいものです!






《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/07/047月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

7月となりました。

1年も半分が終わりましたね

梅雨はまだ明けず、じっとりとした日が続いております。

そんな季節とは関係なく、世間では「闇営業」という、これまたじっとりとした
話題が取りざたされています。
お笑い芸人さんのアレですね。

厳しく批判する同業の大物や業界の方々、ここぞと言わんばかりに持論を展開
しておりますが、擁護する方も中にはいるようですね。

さてどうなんでしょう?

問題は主催者が「反社会的勢力」ということと、ギャラを受け取っていない」と
いう「嘘」ですね。それと事務所を通していないという非公式な営業。

「ギャラ受け取ってない」という嘘はいけませんね。
ノーギャラでやるわけないんですから。
完全に自分の保身を優先してしまっています。

個人的な意見では、自分の芸を売りにしているのが「芸人さん」ですから、
「当然ギャラもらいましたよ」と堂々といえばよかったと思います。
(あ、でも事務所通していないから言えないか...)

「反社会的勢力」に関しては、10年以上前の話であれば問題なかったのかもしれ
せん。
いや問題ないわけではないのでしょうが、大物演歌歌手や大物芸人の中でもそう
った方々に呼ばれて、営業していたということですから。(もちろん事務所を
通していたとは思いますが…)
普通のことだったのかもしれません。

昨今は「反社会的勢力」を排除しようという動きが強まっています。
これは当然ですし、大賛成です。
きっと社会的には「そんな動きがある中で、何やってんの?」ということなので
ょう。

ただ、コンサートや公演に一般客の中に紛れた反社会的勢力はどうするの?
という疑問はあります。
防ぎきれるものでもないのでしょうが、その人達からチケット代としてお金受け
てますよね
きっと主催者側はそれが問題になったとき「知らずに紛れ込んでいた」というよ
なことを言うでしょうね。

今回の闇営業で出演した芸人さんの中に、本当に相手を知らなかった人がいた
したら、防ぎようがないのは同じことなのではないでしょうか?

それに、闇営業でもしないと生活ままならない芸人さんもいるという記事を、目
にしました。
生活のためにオファーを受けたんでしょうから、ちょっと複雑ですよね。

きっとどこの事務所に所属する芸人さんであろうと、闇営業もしくはそれに近い
ことは、そんなに珍しくないことなんじゃないかなと思えます。


今回の件で、吉本〇〇とワタ〇〇エンターテインメントとでは、対応がずいぶん
違います。
世間では事務所の対応で「明暗くっきり」とも言われています。

吉本〇〇に関して言えば、雇用に関する契約書を交わしていないという噂が
あります。
通常であれば契約書の中で、「反社会的勢力」や「闇営業」に関しての雇用側の
対応や禁忌事項など、きっちりと明記され被雇用側への意識付けとしても機能し
ているはずです。

事務所側の体制や考え方に問題がないとは言えないと思います。

雇用する側の事務所は、もっとコンプライアンスを強化して防止に努めるべきだ
と思います。


なんにせよ「反社会的勢力」に対してどう向き合っていくのか、どう対処してい
くのかという問題は、芸能界に限らず我々のような一般市民にとっても問題です。

何が、誰が、「反社会的勢力」なのかを見極め、厳しい目を向けていく。

見極めが難しいようであれば、調査してくれる企業もあるようですから、そうい
ったプロに依頼したり、警察に相談したりすることもできるでしょう。

そういった意識を常に持って注意を払うことが大切です。





《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/06/056月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

6月ですね。

今年も半分が終わろうとしています。
毎年のことですが、時間が経つのは早いですねぇ〜

今年も残すところあと半分ということで、気を引き締めて頑張りましょう!

さて、6月というと「梅雨入り」が気になります。
そして、梅雨というとジメジメと… 

増えてくるのは、水虫です。
湿った環境が大好きな水虫は、この時期から一気に増えてきますね。

同じような疾患で「イボ」もありますけど、こちらは通年同じように見かけます。

しかし、この「水虫」と「イボ」どのように違うのでしょうか?

サクッと、ご説明致しましょう!
ご存知の方も確認の意味で是非一読くださいませ。

【水虫】
水虫はカビの一種である白癬菌(はくせんきん)が足の皮膚などに寄生して起こる皮膚病で、専門的には「足白癬」と言います。

水虫が発生したり増殖する条件は、高温多湿です。

普通は人から人へと間接的に伝染します。
例えば水虫の人の使用した靴下、バスマット、スリッパなどを介して伝染しますが、人によって感染力は異なります。

水虫には小水疱型、 趾間型、角化型の3つのタイプがあり、このうちかゆみを訴えるのは小水疱型と趾間型です。
だからと言ってこれらの水虫になったら必ずかゆみがあるかというと、そうではありません。
実は水虫の60%~70%にはかゆみが無いと言われています。

また、見た目では水虫とわからないようなものもあります。
特にかかとの「角化型」は角質肥厚やタコとよく似ています。
「水泡型」は「汗疱」という皮膚疾患にそっくりです。

そのため知らないうちに水虫にかかっていたという事も少なくありません。
ひどくなると、爪の水虫を引き起こし、爪が白くにごり、次第に厚くなって、先端の方からボロボロと欠けていくようになります。
「爪白癬」といわれる爪の水虫です。

そうなると治療には時間がかかり、内服薬で治療をするケースが多くなりますので内臓への負担も大きくなります。
特に肝臓へ負担がかかるため、お酒お飲むことができなくなるでしょう。
お酒大好きには痛恨です!

水虫を予防するには、足を清潔にし、できるだけ蒸れないように乾燥させることを心がけましょう。
特にジムやスポーツクラブ・スーパー銭湯など多数の人が集まり、素足で床やマットに触れる機会のある方は、自宅に戻ったら足を洗うように心がけましょう。
そして、「あやしいな?」と思ったら、自己判断せずに病院で診断してもらうことが大切です。
自己判断で薬を使うと、他の疾患の場合かえって悪化させてしまうかもしれません。   


【イボ】
イボは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の一種のウィルスがが傷つきやすい個所を直接通って皮膚に入ると言われています。
「HPV」は150種以上確認されていて、ほとんどのものが良性ですが、なかには「子宮癌」や「尖圭(せんけい)コンジローム」などの原因になることがわかってきています。

足のイボは、特に足底のものにいえる事ですが、タコと区別するのが難しい場合があります。

体重のかかる場所にイボが出来ていると組織変化を起こし硬くなるので、その周りにタコができる場合があります。
足底ではそこをさらに圧迫したり刺激することが多いため、イボを覆っているタコも増え、大きくなってしまうケースもあります。

イボが最初にできると、ガラスかトゲを踏んだ感覚がある場合がありますが、これはイボの周りには細い毛細血管があるからです。

この毛細血管は「トゲ」のように見えるので、不快の原因がトゲが刺さったと勘違いしてしまいがちです。
それで、自分で処理してしまうとかえってイボが拡大したり、増えたりしてしまいます。

イボには、免疫力により自然に消えるものもありますが、そうではないものももちろんあります。

イボも、治すには病院での治療が必要です。
水虫同様、おかしいな?と思ったら病院で診断してもらいましょう! 

サロンでフットケアを受けた時に、通常できるタコや魚の目とは違う状態であれば、ご指摘させていただいております。

サロンは医療機関ではないため、確実に「水虫」であるか「イボ」であるかは診断できませんので、皮膚科での診察をお勧めしていますが、治療を受ける
きっかけになることも多く見受けられますので、定期的なフットケアもオススメです!
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/05/025月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

5月となりました。

そしていよいよ「令和」の始まりです。

タモリさんが、素敵なことを言っています。
西暦というものが、ずっと(続く)本のページ数だとすれば、元号というのは
日本だけが持っている『章』。その章があるから(時代の)切り替えができます
よね

まさに、言い得て妙だと思いました。

時代は変わっていきます。
その時代が持つ力も変わっていきます。

明治維新や太平洋戦争、高度経済成長、テクノロジー、それぞれの時代を象徴
る出来事や変化。
経済や流通に起こる様々な進歩。
地球温暖化に代表される環境の変化...

どれも延々繰り返されてきたものですが、その時代によって違う力を持っている
気がします。

経済や科学は進歩し、便利さは人々を豊かにしてきた反面、時折愚かさも露呈し
てきました。

「令和」という元号に込められた思いは、果たしてどうなるのでしょうか?

人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく”

この先も続くであろう物語のページの中で、新しい「章」に変わりました。
この章、「令和」が持つ時代の力が人々の平和に貢献できることを願わずにはい
られません。



《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/04/034月の一言 コンディショニングサロン・セレネス

今月の一言≫


――――――――――――――――――――――――――――――


はや4月。


このメルマガが配信される頃は、桜もピークを迎えていることでしょう。


そして、この話題に触れないわけにはまいりません。


そう、改元によって新しい元号『令和』になりました。


天皇陛下がご存命のうちに譲位するという点や、1ヶ月前に新元号が発表になっ

たことなど、異例ずくめである今回の改元。


しかし、「天皇譲位」ではなく「生前退位」と表現されています。

これは、憲法上で天皇は国政不関与が明記されているため、皇位を譲るという 

ことは現状では法改正が伴い、政治的な色合いが濃くなるのを避けるために、

「自ら皇位を降りる」という個人的行為に寄るものにする必要があったためだそ 

うです。 


天皇陛下のご年齢と激務を考えたら、直ぐにでも譲位しても良いと思うのですが 

やれ、憲法違反だとか、摂政を立てれば済むこととか、伝統に反しているとか 

めんどくさいことが多いですよね。 


あのご年齢で、これまでされてきたお務めの内容を考えたら、ブラック企業なら 

ぬブラック宮内庁なんじゃないでしょうか? 


でも無事、ご退位が決まってよかったと思います。 


そして『令和』 

平成に改元された時もそうでしたが、耳慣れなくて違和感たっぷりです。

『和』は昭和とかぶってません?

とか、なんとなく漢字としてのバランス悪くない?

などと考えてしまいます。


でも、直ぐに慣れていくんでしょうね!


ところで『令和』どんな意味なのでしょうか?


”人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく” 


という意味が込められているそうですが、文字としての『令』と『和』を 

調べてみました。


『和』は何と無く分かりますよね。


・やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか 


ですね。 


では『令』はどうでしょう?まあググれば直ぐに分かりますが一応... 


・立派な、清らかで美しい、おめでたい、喜ばしい 


古い意味では 

・神様のお告げ 


とあるそうです。 

名前負けしないように日本は頑張らなければいけませんね! 


それより、カズレーザーの本名が「和令(かずのり)」だったことの方が 

驚きです!(パソコンでも漢字変換できなかったくらいレアなのに... 




セレネスのfacebook

facebook.com/Conditioning.Salon.Serenesse

READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/03/063月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

今年もはや3月。

この間お正月が終わったばかりの感覚なのに、もう2ヶ月がすぎたんですねぇ。

ここのところ、寒くてどんよりとした日が続いているので、春の訪れをまだ実
感できてはいませんが、そこは3月、気温もわずかに上がっていますから、春
を感じさせてくれる日がもう直ぐやってくるでしょう!

去年は春めいてくる様子を「三寒四温」という言葉を書きましたが、今年は
はっきりとした三寒四温ではないですねぇ。

こんな3月の様子をなんて表現するのか調べてみました!

が、これといって当てはまる表現はありませんでした(残念…)

代りに、ちょっと面白い季語を見つけましたのでご紹介します。

「山笑う」
”寒い冬が終わり、青々と育つ木や春を喜ぶかのように咲く花の景色を、
 昔の人は「山笑う」と表現しました。のどかで明るい山々の様子は、
 本当に山が笑っているようです。
 日本語らしい風流な季語ですよね。”

「亀鳴く」
”ご存知の通り、亀は実際に鳴くことはありません。
 長い冬が終わり、冬眠していた生き物たちが目覚める様子を「鳴く」と
 表現しているのです。
 たくさんの動物たちが活発に動き出す、賑やかな春の情景が想像できま
 すね。”

引用:終活ねっと 「春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語も
   ご紹介!」

俳句に使われる季語ですが、面白いですよね!
調べているうちに、ちょっと春を感じてきました。


さて3月は何と言っても「桜」の時期、お花見ですよね!
今年の開花予想はどうなんでしょうか?
調べてみました。

今年の東京の開花は「3月22日」の予想がされています。(3月4日時点)

”今年のさくらは、平年より早く咲く所が多くなりそうです。
 ただ、かなり早かった昨年よりは遅くなる見込みです。
 前回2/28発表の予想から、西日本で2日ほど遅くなっている地点があり
 ます。3/12ごろに寒の戻りが予想されるためです。”

引用:ウェザーマップ


なんか寒いのに今年も早いんですねぇ。
夜桜見物は厳しそうです...

まだまだインフルエンザも油断できませんし、花粉も今年は多いです。
皆様、お気をつけください!



《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/02/012月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
≪今月の一言≫

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

今年に入って、急に冷え込みが厳しく乾燥もひどくなりましたね。

インフルエンザが史上最大規模で大流行です。

皆様の周りもきっと多くの方がインフルエンザにかかっていることでしょう。

しかしながら、私は一度もかかったことがありません。
そんな話をすると、同じようにかかったことがない方が結構いらっしゃいます。

これは、「何かの免疫か、体質的に理由があるかもしれない!」と思って
調べてみました。

結果...そんなものはありませんでした。

”インフルエンザにかかりにくくなる体質というのは、まだ医学的には特に報告
がありません。”

”患者数は例年1000万人前後ですから、およそ10人に1人がインフルエンザに
かかる計算になります。(中略)
1年のうちで10人に1人がインフルエンザになるとすると、20年連続でインフル
エンザに「かからない」確率は計算上12%です。つまり、知人が100人いたら、
その中で12人は20年連続でかかっていない人だということになります。”

”つまり、インフルエンザに強い(または弱い)気がしてしまうのは、体質では
なく単に統計的な問題として説明可能です。そこから考えると、これまで一度も
インフルエンザにかかったことがなかったとしても、今年かかる可能性が低いと
は決して言えないということになります…。”

引用:MEDLEY 医師たちがつくるオンライン病気事典 
 (https://www.huffingtonpost.jp/medley/vaccination_b_8695418.html)


そう、かからないからと甘い考えで油断してはいけないということでした。

これを肝に命じて、しっかり予防するようにいたします。
皆様も、ご用心を!




《 セレネスのfacebook 》
facebook.com/Conditioning.Salon.Serenesse
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2019/01/021月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
■明けましておめでとうございます

2019年が開けました。

  旧年中は格別なご愛顧を賜りありがとうございました。
     本年も どうぞよろしくお願い致します。

年末にかけて急に寒さが厳しくなりました。
慌ただしさは毎年のことですが、この急激な寒さの到来はちょっと身体に応えま
す。
今年は暖冬のはずだったのに…

さて、昨年テーマに掲げたのは「新しい取り組みを実らせ前に進む」という意気込
みで『新化』でした。
一昨年ほど前から着手してきた新しい試みから、新しいサービスが始まり、着実に
実りつつあります。
時間をかけてでも「良いものにしていきたい」と考えて実践してきましたが、そこ
から新たなる課題も生まれています。

そこで今年のテーマは「課題を解決しながらさらに前進する」という意味で
改善にかけて『解前』としました。

新しく形になってきたサービスやメニュー化は、多くのお客様に喜んでいただけて
おります。
今年はさらに喜んでいただけることを目指して『解前』してまいります!

今年も皆様にとって良い一年でありますように!



《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2018/12/0512月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
■今月の一言

今年もいよいよ12月!
大詰めです!

やり残したこといっぱいありますねぇ。
あせっても仕方ないので、来年に先送りしましょう!

などと、ゆるいことを言ってしまいましたが、これは男性の思考傾向が
影響するみたいです。

女性は「今年のことは今年中に済ませたい」という気持ちが強いようで
年内中に済ませてスッキリとした気持ちで、新年を迎えるという心理が働く
そうです。
対して、男性はどちらかというと新年の事始めに「何かをする」という
心理の傾向が強く、新しい年の始まりに何かをしてその一年をより良い年に
したいという、いわゆる「験(げん)を担ぐ」的な発想が働くようです。

例えば、女性は「今年のうちに美容院に行っておこう」という年末型の
方が多いそうですが、男性は、新年早々に床屋に行く新年型が多いそうで、
「正月だから床屋に行ってサッパリしよう」ということらしいです。

かくいう私は男性なので、やり残してしまったことは新年に回すタイプです。
でも、大掃除や年賀状は今年のうちにやらないと〜


ところで、この時期始まるイルミネーションはクリスマスを通り越しても
キレイに輝いているところが増えました。
年内に見ておくべきか、年明けに見るか、どっちにしましょう???

因みに、銀杏並木の紅葉は今がピークのようです!
少し前(11/26)の写真ですがこんな感じです。
この頃は色づきがもう少しって感じだったので、今が一番いいときかな?
ライトアップもされてキレイでした!






セレネスに一番近い、表参道のイルミネーション情報です!
今年はGoogleがスポンサーのようですね。


【名 称】
Google Pixel presents 表参道イルミネーション2018

【開催期間】
2018年11月29日(木)~12月25日(火)/27日間
※低木への装飾は2018年11月29日(木)~2019年1月6日(日)まで

【点灯時間】
日没〜22:00

【展開場所】
神宮橋交差点~表参道交差点(1.1Km)

【装飾欅本数】
150本

【LED数】
約90万球




《 セレネスのfacebook 》
READ MORE
■ブログ, ・オーナーズログ
2018/11/0111月の一言 コンディショニングサロン・セレネス
■今月の一言

今年も残すところ2ヶ月になりました!
毎年のことながら、時の経つのが早くてコワイ…

11月ともなると紅葉が綺麗な季節。
そこかしこで色づいた樹々が「秋」を感じさせてくれます。

お洒落も春とは違う装いで楽しいですよね〜。

外苑前の銀杏並木はまだまだ綺麗に色づいてはいませんが、徐々にその気配を
感じさせてくれています。





さて、話は変わりますが、先日ハロウィンの騒動がニュースになりました。
複数の逮捕者が出て、区長がコメントを出しております。

日本一の繁華街とも言える渋谷のハロウィンは、年々過激になってきて
シャレにならないような騒動が勃発しています。
今年は軽自動車をひっくり返したりと、ついに逮捕者がたくさん出るように
なってしまいました。

渋谷ってそんな街でしたっけ?
昔は「チーマー」とかいましたけど、一般の人が騒動を引き起こすような
街ではなかったように思います。

お酒を飲んで盛り上がるのは構いませんが、迷惑になりすぎるのは困りものです。

渋谷をこよなく愛する人たちからすれば、残念でならないでしょうね。
区長のコメントも憤りを隠せない内容でした。

若者の街としての渋谷はハロウィンに限っては一部で「バ○者の街」となって
いるようです。

ハロウィンを楽しむはずの人たちが、逮捕されるようなことをしてはたして
それが本当に楽しいのでしょうか?

私は若者達のモラルの低下を危惧しています。
そのエネルギーを役立つことに回せないものでしょうか...





《 セレネスのfacebook 》


○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○

■ネット予約が便利です!

ご予約のページはこちら

○――――――○――――――○――――――○――――――○――――――○
READ MORE

menu

ホーム
コンセプト
サロン情報
アクセス
会員システム
メニュー
メニュー一覧
ドイツ式フットケア
深層ケアセラピー
カイロプラクティック
コンディションアップ
エステティック
インストラクション
オーダーメイドプラン
お悩み解消メニュー
お悩み解消メニュー一覧
タコ・魚の目・巻爪
背骨・骨盤の歪み
脚のむくみ
首・肩・腰のコリ
健康的に痩せたい
料金
キャンペーン
商品情報
お客様の声
よくあるご質問
ご予約・お問い合わせ
お知らせ
ブログ