背骨・骨盤の歪みが気になる方

背骨・骨盤の歪みが気になる方

ABOUTこんなお悩みありませんか?

  • CASE 01骨盤の歪み
    骨盤の歪み
  • CASE 02猫背
    猫背
  • CASE 03体の歪み
    体の歪み
「歪み」は「歩行」や「足のトラブル」にも影響があると考えています。
特に歩行への影響では「タコ」「魚の目」「外反拇趾」「巻き爪」といった様々な足のトラブルを引き起こす大きな理由となっています。
足を組んで座ると骨盤が歪む
足を組んで座ると骨盤が歪む

長時間足を組んで座り骨盤が歪むと、多くの場合足の長さが左右で異なってしまいます。 
そうなると、常に片方の足へ荷重がかかりやすくなり、それが負荷となって「タコ」や「魚の目」「外反拇趾」「巻き爪」いった症状を引き起こすきっかけにもなってしまうのです。
 また、骨盤が歪んだ状態なので腰痛も起こりやすくなります。

ハイヒールと猫背
ハイヒールと猫背

ハイヒールを履くと、身体の重心が常に前方にかかりつま先に負荷がかかます。そのため、痛みが発生し無意識に楽な姿勢をとろうと脳が判断します。
すると、かかとに体重がかかるような姿勢となりやすく、骨盤を後方に歪め、
「猫背」になりやすくなります。結果、神経や血管を圧迫し、肩こり・腰痛・頭痛を引き起こすようになります。
かかとのトラブルにもつながる
かかとのトラブルにもつながる

かかとに荷重がかかるので、ヒビ割れなどにつながります。
また足のトラブルをかばっているうちに歩行のバランスが崩れ、背骨や骨盤の歪みを引き起こすこともあります。
そのまま歪みを放っておくとこんな悪影響が
そのまま歪みを放っておくとこんな悪影響が

末梢神経が「背骨の関節」のズレで圧迫を受け続けると、長い期間を経て少しずつ体の変調として表面に現れてきます。

本来、関節に歪みを生じても睡眠中に全身の筋肉が弛緩する事で、緊張した筋肉により引 っぱられていた「骨」や「関節」はニュートラル・ポジション(力学的中位置)に戻ります。
しかし睡眠不足が続いたり、ストレスで睡眠が浅かったりすると、ズレは蓄積します。
少しくらい歪みがあり神経圧迫があったとしても、すぐに症状として現れる事はそれほど多くありません。

しかし、わずかな神経圧迫であったとしても、それが続けばつらい症状となって表面に現れてきてしまいます。
運動やストレッチは筋肉を緩め関節の歪みには有効ですが、固まり過ぎた関節はそれだけでは緩まない場合があります。

PREVENTION背骨・骨盤の歪みをふせぐには

背骨・骨盤の歪みをふせぐには

いろんな施術を受けても、歪みの原因である「生活習慣」が改善されなければ、元の歪んだ状態に戻ってしまいます。

特に長い期間歪んだ状態で慢性化した場合は、歪んだ状態が脳にインプットされています。
歪んでいた間はその状態でバランスをとっていたことになるので、矯正された正しい骨の位置を脳が逆に「違和感」としてとらえてしまいます。
すると「脳」は元の歪んだ状態に戻そうとするので、原因となった「生活習慣」がそのままだと、元の歪んだ状態に戻そうとする「脳」の働きを助けることになってしまいます。
そのため「生活習慣」を改善し、反復してカイロプラクティックを受けることで、正しい骨の位置を「脳」に 覚えさせる必要があります。

Try it!カイロプラクティックを試してみよう!

カイロプラクティック

カイロプラクティック

症状を部分的に捉えるのではなく、「生活習慣」や「精神状態」を考慮した療術で「根本的な改善」を目指しています。

VIEW MORE

menu

ホーム
コンセプト
サロン情報
アクセス
会員システム
メニュー
メニュー一覧
ドイツ式フットケア
深層ケアセラピー
カイロプラクティック
コンディションアップ
エステティック
インストラクション
オーダーメイドプラン
お悩み解消メニュー
お悩み解消メニュー一覧
タコ・魚の目・巻爪
背骨・骨盤の歪み
脚のむくみ
首・肩・腰のコリ
健康的に痩せたい
料金
キャンペーン
商品情報
お客様の声
よくあるご質問
ご予約・お問い合わせ
お知らせ
ブログ